早漏を直す方法は?

早漏を直す方法は?

日本人は欧米人に比べ早漏の人が多いとも言われているそうです。それは日本人に多いペニスの状態などが原因となるようです。早漏で悩んでいる男性が多いという事はそれだけパートナーである女性にとっても深刻で、解決したい共有の悩みであるとも言えますね。
でもそんな日本人の体質ともいえる早漏ですが、直す方法はあるのでしょうか。

 

先ほども述べましたが体質である以上は完治というのは難しいかもしれませんが、ここでは早漏の原因や理由からその改善方法を探ってみましたのでぜひご参考にしてみて下さいね。

 

早漏と包茎の関係とその直し方

早漏とは包茎と切っても切り離せない関係にあります。
先ほど日本人には比較的早漏の方が多いと説明しましたが、それは日本人だけでなく、アジア圏の人に多い包茎が関係しています。
ではどうして包茎だと早漏になるのでしょうか。
まず、包茎の種類は主に以下のものがあります。

 

・仮性包茎
最も多いと言われています。一説には日本人の7割とも。普段は包皮に覆われていますが、手で剥くと亀頭が露出する状態の包茎です。
・真正包茎
亀頭が通常時でも勃起時でも包皮に覆われ、露出させることが出来ない状態の包茎です。病気などのリスクが高いと言われています。
・カントン包茎
・亀頭部分くらいまで皮を剥く事は可能ですが、一旦露出してしまうと戻す事が困難になり痛みを伴う場合もあります。

 

いずれの包茎も、普段は皮に守られて刺激の少ない状態になっているため、いざ性交渉の時に、刺激に強い亀頭の部分が露出して擦られるとその強い刺激に耐え切れず、早漏に繋がってしまうと考えられています。

 

仮性包茎は性行為にあまり深刻な影響を与える場合は少ないといえます。普段は包皮に包まれていても、性行為の時には難なく露出する事ができる人も多いため、放置している方も多いようです。

 

ですが、包茎が原因で早漏となっている場合、パートナーに与える影響は早漏のために満足感を与えられないという事だけでなく、不衛生が原因で性病の原因などにも繋がってしまうため、リスクは高いです。また、真正包茎、カントン包茎に至っては、ご本人の苦痛や今後のリスクの観点からも早めに手術などを受けて治療される事をおススメします。

 

包茎が原因の場合の早漏直し方としては、出来るだけ亀頭を刺激に耐えられるように鍛えるという方法で対処します。仮性包茎の軽度なものであれば、自慰行為の際などに積極的に刺激するなどの方法や、セックスそのものを積極的にするといった方法が考えられます。
真正包茎の場合はそもそも亀頭が露出できませんし、射精した後にも皮の内側に汚れがたまってしまい、不衛生なだけでなく、ガンの原因にもなりかねません。

 

カントン包茎については強引に皮を剥いても、包皮で亀頭の付け根が締め付けられうっ血、最悪緊急手術が必要なんていう事にもなりかねません。いずれの包茎の場合も、早漏を直す事よりもまず、包茎を治療する事が先決と言えます。

 

精神面からくる早漏

これは女性のみなさんにも気を付けていただきたい事なのですが、セックスの際にあまり男性が早く射精しても責めないであげて欲しいのです。最初のうちは緊張やプレッシャーで早漏になりがちなものです。でもパートナーとも慣れてくれば体の相性も分かり落ち着いたセックスができるはずです。

 

ですが、たまたま1回早かっただけで責められると、意外に男性は傷つくものなのです。この時に言われた言葉が尾を引いて、後々まで早漏に悩む事が出てきます。
何かの拍子に直ったとか、相手を変えたら直ったなんて言う話も聞きますが、その反面、それからずっとセックスそのものがプレッシャーになって早漏になってしまった、なんていう方もいらっしゃいます。

 

この場合の早漏の直し方で私がおススメしたいのは、精力剤などの使用です。精力剤の多くは健康食品であるサプリメントの場合が多いので、作用に即効性はあまりないといえます。

 

ですが、精力剤や増大サプリなどを使用しているという安心感やお守り的な意味が精神的には強く働いて長く持ちこたえられるという面があります。実際に長期服用する事で体力や筋力が付いたりして早漏改善に役立つという事は大いにいえるでしょう。
女性に対して恐怖心や不慣れ感があって緊張してしまうという方は、そういった場数を踏むという事も改善策の一つになりえます。

 

積極的に風俗店を利用するという方法もあってもいいのではないでしょうか。
プロフェッショナルで寛大な風俗嬢で女性とのスキンシップに慣れるという方法も手段の一つとして有効です。

 

衰弱性早漏って何?!若い人は関係ないの?

衰弱性早漏って聞いたことがない人も多いのではないでしょうか。主に、年齢と共に射精管閉鎖筋という、射精をコントロールしている筋肉が弱って早漏になってしまう事をいいます。
年齢とともに、とはいえ、早い方では30代後半から40代前半ですでに衰弱性早漏と言われることもあるそうです。

 

このタイプの早漏の直し方はズバリ射精管閉鎖筋を鍛える事でしょう。一日数分程度、おしりの穴をキュッと締める動作を何度も繰り返します。最初は辛いと思いますが、慣れてくれば回数や時間を増やして鍛えて行って下さい。
この時に筋力の増強の助けになるような増大サプリメントや精力剤を並行して使用すると相乗効果となってよいといえます。

 

またこれ以外にも、セックスに必要な体力をつけるという意味で、適度な運動は欠かせません。身体を動かしやすくなるとその事でも自信にもつながりますので、ぜひ心がけていただきたいと思います。

 

今まで平気だったのに・・・突然早漏になった方はご注意を

これまで何の問題もないセックスライフを送っていたのに、急に早漏になったという方はいらっしゃいませんでしょうか。そういった方は衰弱性早漏と早合点されるとちょっと危険です。こういった方の中には前立腺の病気になっている可能性があるからです。
一つは前立腺炎が原因の場合。

 

自覚症状としては、膀胱とも関連しているため排尿時の違和感や不快感などが挙げられますが、進行すれば勃起障害(ED)などを引き起こす事も。長時間自転車に乗ることや、座りっぱなしの職業の方には前立腺に機械的な刺激が起こり、それが要因となって
前立腺炎を引き起こすため、特に注意が必要です。

 

前立腺炎を疑う場合は、最寄りの泌尿器科を受診し抗生物質投与などで治療を受けます。

 

まとめ

いかがでしょうか。
ひと口に早漏といっても様々な原因があるため、自分がどのタイプの早漏なのかわからないという方も多いのではないでしょうか。まず包茎だと自覚された場合はクリニックなどで相談をされることが解決への近道だといえます。
わからない状況でインターネット上の情報を頼りに検索するより、その道のプロに判断をゆだねる事で、自分の包茎の状況や程度などが客観的にわかっていいでしょう。

 

また、それ以外の心因性の場合の早漏も、精力剤や増大サプリを使用したりする事で改善できるといえるでしょう。一番よくないのは何もせずに悩み続ける事です。

 

もし今あなたが真剣に早漏について悩んでいるのでしたら、ぜひここでご紹介した何等かの方法を試していただきたいと思います。

 

原因さえわかれば、包茎も改善は可能です。場合によっては劇的に良くなって、これまでの人生はなんだったんだと思う時が来るかもしれないのです。

 

ぜひ、自分の包茎のタイプとその改善策を見つけて素晴らしいセックスライフに繋げて欲しいと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ