悩まされる男性は多い!?早漏の原因と対策とは?

悩まされる男性は多い!?早漏の原因と対策とは?

早漏とは

早漏とは、男性器の機能障害の1つです。
早発射精とも呼ばれ、最高潮に達する前に射精してしまう障害であり、悩まされる男性が多い事でも知られています。
自分の意志とは裏腹に、射精のタイミングをコントロールできないため、満足のいく性行為ができずに、悩みを深くしてしまうものです。
以前までは、早漏の悩みを抱えるのは中高年に多いとされていましたが、近年においては、若年層でも悩まされる男性が急増しています。

 

早漏の原因

早漏の原因はとても複雑で、原因をはっきりと確定させることは難しいとも言われていますが、下記のようなものが一因として挙げられます。

 

精神面

早漏を引き起こす原因には、精神的なものが大きなかかわりを持つことが多くあります。
性行為に対するプレッシャーや、自分の性器に対するコンプレックスなどが精神的負担となり、自分でも気づかないうちに早漏を招いてしまうものです。
性交渉に対して感じているストレスやトラウマも、原因となっていることがあります。

 

自慰行為

日常的に自慰行為を行っていると、短時間で射精する行為に体が慣れてしまい、性交渉中であっても、そのまま短時間で射精してしまうものです。
日常的な行為による感覚に、体の神経が慢性化されることで、早漏を引き起こしてしまいます。
頻度が高い自慰行為も、同じく早漏の原因となります。

 

肉体的

日本人男性の多くが包茎であると言われるほど、包茎のまま過ごし、性交渉をしている男性はたくさんいます。
包茎とは包皮が亀頭に被ったままの状態をいいますが、そのままでいると亀頭が皮膚に隠れて、刺激を受ける機会は少ないものです。
刺激に慣れていないからこそ、ちょっとした刺激に対して敏感となり、性交渉時の女性との接触でもすぐに射精してしまいます。

 

早漏の対策方法

早漏を自覚することで悩んでしまい、自分に自信をなくす男性も少なくありません。
症状を放置するより、恥ずかしがらずに何らかの対策を取ることが、何よりも大事です。

 

トレーニング

射精するタイミングを自分でコントロールできるようになるためにも、トレーニングするという対策方法です。
射精しそうになったら、指を使って陰茎を数秒ほど圧迫します。
射精しそうな感覚がおさまったらまた刺激して、射精の直前で圧迫することを数回繰り返します。

 

コンドーム

性交渉時に厚めのコンドームを装着します。
製品によってその厚みに違いがあることを利用し、できるだけ厚みのあるコンドームを使用することで、性交渉時に感じる刺激を弱める方法です。

 

自慰行為の方法

自慰行為をする時に、強い刺激を与えてしまうと、短時間で射精する癖がついてしまいます。
頻繁に行うことを避け、できるだけ時間をかけながらゆっくり射精することを意識し、射精までの時間を延ばす努力をします。

 

包茎の改善

包茎手術などを受けることで、包茎を改善する方法です。
亀頭の露出が多くなれば刺激を受けることも多くなり、ある程度鍛えることができるようになります。"


ホーム RSS購読 サイトマップ